PAGE 6 更新日2003年12月18日


パンキンなのに。
今年中盤辺りからオークションで探してご縁のあった子達。特にマスカットは安く買いたかったので、ず~っと待っててやっと今回のご縁があり、お迎えしました。チェリーだけだと可愛そうだからマスカットも追い求めてしまいました。でも何でパンキンなのに、こんなに「らぶり~」なのか。また何であたしはこんな「らぶり~」を今年になって欲しくなってしまったのか。人生経験の結果がコレです。あぁチーキーとパンキンの見方までも変えてしまうなんて人生って怖い。そして今後も「らぶり~」あ~んど「ふぁんし~」路線を追い掛けて行くのか?いくら何でももうここまでで限界だろ~な~。自分の中でパンキンとチーキーの定義が崩れてゆくことに抵抗感があるし…。葛藤してるな~あたし。(12/01)
アンバランスが好き
「ニヤニヤ」「一般的に言われる様なcuteは嫌い」「男の子みたいに」とお願いした結果です。コレクションの方でも書きましたが、(おばあちゃん’ずから見れば)うるさく注文した結果、口元で表情が出るっつーのをようやく今頃になって分かった鈍感過ぎるアホな私。だって「おばあちゃん’ず」の技を尊敬すらしているのにあまりうるさく言いたくないと今まで思っていたし、毎年混んでたしで言い控えていました。でも今年は私の大好きなカーリーモヘアに好きな赤いフードと、とてもツボだったので、お顔もこうなったら自分の好みを押し付けてみようと意気込んで行ったら、実演コーナーが空いてる空いてる…これはチャンスとばかりに怒涛のお願いをし、自分の中で妥協の無い良い子を作ってくださいました。低めのマズルに幅のある鼻の刺繍と左右不対称な「ニッコリ」とは微妙に違う表情の口元。微笑んでないお顔で大満足です。この子をお迎えした後、立ち寄った馴染みのお店に行ってこの子を見せたら「可愛いじゃないですか~」と…。「アレレ…やっぱりcuteなのか?」と、ちょっと動揺(笑)うちら夫婦の好みを良く知っている店長さんだからきっとらぶり~系の可愛さと違うのは分かってくれたとは思うんだけど、ま、この辺は自己満足の世界で、自分が可愛くない可愛い顔(←変な表現)だと感じられるならそれで良いやと自己完結したのでした。(12/7)
立方体!
やっとのことで撮影しました。背景のブルーからはみ出てしまうので背景については色々手を加えました。この子の全体のフォルムを見て頂きたくてのこのショットです。首の辺りから背中の曲線が素晴らしく表現されていて感動モノです。ちなみにご本人にこの子の身長を伺ったところ、「わかんない」とのことだったので(爆)、自分で測ったら約60cmもありました。素材はアルパカで、地肌は2種類あって、地肌の黒と白のタイプのうち、この子は地肌が黒いタイプの子です。と~~っても優しい顔立ちで存在感たっぷり。このクラスのサイズにしてはお安い方の価格設定だというところも好感が持てます。可愛くって大のお気に入りです!肉球はその子の雰囲気で作るかどうかを決めるそうです。作る時は皮で作ったりもなさるそうです。二一奈さんベアの今年のお迎えはこの子で最後です。来年は彼女お薦めサイズの子をゲット出来たらいいなぁと、楽しみにしています。昨日、この子を「優平」と名付けました。(12/8)
魔法の言葉
かまってあげたくなると言いつつお気に入りスペースでしばらく立ちんぼさせてたら、斜に構えて目にも力が漲ってきた様に見えたので、写真を撮り直してみました。日々変化して行くボンドちゃん。またしばらくほっておこう(爆)実はこの頃毎日ある「魔法の言葉」を投げかけているので、もっと変わってくると信じています。楽しみです。(12/29)
ボクも持ってみたい?!
お揃いのつもりで欲しかった子です。販売二日目だったので、もう居ないと、行く前から諦めていた子が待っていてくれました。ちょっとした遊び心で撮ってみた一枚です。モヘア素材と違って毛の流れとかでごまかせない技術の必要な子だと思います。鼻がくしゅっとしていて、マズルがとっても私好みです。目の位置の付け具合もバッチリで、サルっぽくて、お迎え出来てラッキーでした♪(12/12)
猿族?
今日届いた秋冬の世界限定のWALNUT君(右)が到着したら、パソコンの傍に居たTWEED君(左)と目が合ってしまい、これは集合写真を撮らなくちゃと。7年ほど前から織田裕二が好きなせいか(爆)、猿系のチーに魅力を感じているのかも。我が家のヴィンテージ君はこの3体の中で一番初めに届いた子なので威張っています。自分の好みが分かり易いなと改めて思います。(12/13)
掲載されているTeddy Bearはすべて非売品です。
画像の無断転載・無断使用を禁止します。 
©Copyright Teddybearsforest 1997-2020. All Rights Reserved.