PAGE 11 更新日2004年09月05日


兄妹
ウィッシュボーン兄弟と妹が集合です。ウィッシュボーン2004を観て最初に感じたのは、1995年のコーンシルクと色合いがよく似ているなぁということと、このカール具合はふと目に入ったウチの仔、アンジェリーナの方が似ているかも。という事でした。ウチのウィッシュ2004は、毛並みが今ひとつなのですが、全体的に観てやっぱりその「怒ってる系」の顔が気に入りました。他にウチに入荷されてきた仔達は比較的(今どきの)整っている仔が多いかなぁとは感じましたが。この3人、単純にリボンつながりって事で撮りたくなってしまいました。(7/24)
ファンタジー
この3人組の仔達をPeterと並べたくて、ず~っと想像していました。やっと念願が叶って並べて撮ってみたら、とってもファンタジーな世界で可愛いです♪Peterがお兄ちゃんみたいに大きく見えますが、皆同じ8インチサイズでそれぞれの仔達のお尻には名前の付いたタグがちゃんと付いています。かごは自分で持たせてみたのですが、バスケットの中身も微妙に違っていて、凝っているなぁ…と感心するばかりです。早速この4人組も飾ってあります。(7/24)
で~っかい証明書
収集7年にして初めて落札した仔です。最初で最後の入札と主人とは約束しています。マントさんが好きな上に黒いチーキーが最近好きなので、密かにウチに来て欲しかったのです。でも、この仔は真っ黒じゃなくてラメ入りです。8インチなのですが、小さく見えます。天草四郎が着ていそうな(爆)このマントの裏地が結構お気に入りです。表情は丁寧に作られていて優しい顔立ちがかえって怪しくて気に入っています。送られてきた時は、メリーソートの細めのダンボールの箱の中にメリーソートの袋にこの仔が無造作に入っていて、ピンバッジの方が大き目の薄紙に丁寧に包まれていたところが不思議です(笑)クマより大事なの?って感じのバッジは画像をクリックするとご覧になれます。思わず聞いてみようかと思うほど疑問なのが、明らかにパンキンでありながら、「チーキー」と名付けられているところです。Ancestor of Cheekyでもなく、PunkinheadでもないCheeky…。ちなみにA4サイズの証明書にはオリバーとデザイナーのジャクリーンのサインが入っているのに、足にはサインがされていません(爆)サイン好きな私なので、これでは来年オリバーに来てもらうか!?私達がイギリスへ行かなきゃならないかも!?(7/25)
ナイトケースモヘアくん・・・
ウチに来たばかりの頃は元気一杯!なナイトケースモヘアくんでしたが、相次ぐクマのお迎えに自分が注目されていないと感じたのか、昨日になって「ガックリ」と頭を垂れているところを発見し、これはいかん!と、パンダ君に会わせてみました。ただ今お悩み打ち明け中です。Toffくんは夏休み満喫中で不在です。(7/27)
デザインに納得!
お客様にお送りした後、やっぱりどうしても自分の分も欲しくなり、とあるルートでお迎え出来ました。我が家には珍しくかなりな「女の子顔」です。この仔の特徴と言えば、思いっきりマズルにシワがあり、左上がりに付けられた目でそこがとても可愛いと自負しています。今回はチーキーとしてではなく、ラガディアンとして可愛い仔にターゲットを絞りました。実物が来て、その変わったデザインに思わず納得です。最近にしては出来が良いチーキーだと思っています。アメリカの代理店は来年辺り、アンディを作る気があるんでしょうか?何だか昨年末のミッキーパンキンといい、今回といい、「チーキー、パンキン」の枠を越えたデザインには唸るものがあります。ちなみに1回目の入荷でやって来た仔をコンベンションで持参した時に見たファンクラブの方が、「ラガディって今年の伊勢丹のクローバーチーキーと同じモヘアの使いまわしだね」と言っていました。確かに。お持ちの方は比べてみてはいかがでしょうか?(8/2)
TRICKY?!
お店に入った途端、このデカイにわとりに一目惚れでした。その媚びない雰囲気が可愛くて、自然に抱きかかえていました。店内を物色(爆)していると、シュタイフのChickも気になったのですが、両方のお迎えはムリだったのでしばらく両方を抱えて考え込んで「居なくなったら寂しいと思ってしまいそう」という気持ちを基準にしてこの仔に決めました。家に帰って撮影しているうちにこの仔を見ていて頭の中で浮かんだ単語が今回の題名です。(9/5)
掲載されているTeddy Bearはすべて非売品です。
画像の無断転載・無断使用を禁止します。 
©Copyright Teddybearsforest 1997-2020. All Rights Reserved.