PAGE 14 更新日2004年12月12日


ギョロ目ちゃん達
私の所有しているささやかな日砂さん作品の大体はこのギョロ目ちゃんが多いと思いますが、今1番好きな仔達がこの2体です。可愛い黒目のテディベアもそれなりの魅力がありますが、日砂さんのこの仔達を私が好きなのは、嘘をついていないありのままの表情な気がするからです。変な表現ですが、安心してこの仔達の魅力から奥深さを感じて堪能しています。私なりの解釈での感想なので、日砂さんがどうしてこういう表情の仔達を生み出しているのか?本意は分かりませんが、私はとても好きです。ところでこのパンダ君、(WitneyのIanさんもこのパンダを『He』と表現していました。)私の根拠の無い勝手な思い込みでNo.1が来るとばかり思っていたら、4番なのです。かなり早くオーダーしたつもりだったのに。ってここでぶつぶつ言ってても仕方ないですけどね(笑)今回は何故かかなり焦ってIanさんにご迷惑をお掛けしたので、私は彼にとって『迷惑な客』の部類に入っているんだろうなと思います(爆)すみません。(日本語読めないのに…(爆))(11/22)
目線が揃いません(爆)
ここに登場してもらったのは現在クマ棚に飾ってある赤いパンツの仔達です。まだ他にもマイクロとか、ショップ限定の仔も居ます。それぞれ違った個性があって気に入っています。カナダ限定は特に顔立ちの違いがハッキリしていますね。昨日お迎えしたばかりのうちのやんちゃ君は、なかなか目線を合わせてくれないツワモノ(?)です。(12/01)
伊勢丹限定パンキンと並べたら、レプリカよりも表情があまりにも睨んでいて、いまだにツボなのが分かったので、レプリカをお迎え出来た事への有り難味が早くも薄れそうで罰が当りそうな気がしたので伊勢丹君(?)にはまたクマ棚に戻ってもらいました(汗)(12/02)
あなたはどの仔が気になりますか?
今年はもうパンダのお迎えは無いので、皆を揃えて撮影してみました。メーカーベアからアーティストベアまで多種多様で撮影していて楽しかったです。アーティストさんのパンダは、こうして並べてみると独自性が顕著なので、それぞれのアーティストさんの特性が分かり易いのではないかと思います。昨年・今年とこんなにパンダがマイブームな時期もそうそう無いとは思いますが、これからも素敵な仔とのご縁があったらお迎えしたいと思っています。(12/03)
脱いでもスゴイ!・・・んですか?
前々からうすうす気付いてたんですが、いつの頃からかパンツが脱げちゃうんですよね~。パンキン。小さいパンキンが『脱げる…』と気付いてから今回のレプリカでも脱げちゃうのが買った時に分かった時には思わずうちのビンテージ君も調べましたが、ちゃんと縫い付けてあるんですけど…。モヘアもグラスアイも当時のものなのだとしたら、やはりパンツだって縫い付けて欲しいです。色んな意味で中途半端なのに素材だけで『レプリカ』って…(笑)でもこういうのがメリーソートっぽくて許せちゃうんですけどね(笑)後姿は小さい男の子の立ちシ○ンみたい(爆)で笑えます。(12/06)
書道のようでした。
昨年、お3方のサインを実演の仔にしてもらっていた方と遭遇して以来、今年、「私もマネしてみたい!」と思い、多分寄せ書きの様になってしまうだろう事を承知で書いて頂く事にしました。お願いしたら、ジョン・パークス氏は慣れていて、「じゃあボクが上に書くから」と言いながら、丁寧にサインして下さいました。その様子はスラスラと言うよりも、まるで書道のように一筆ずつといった趣でした。キャロルとマージョリーも驚くことも無く、次の実演の仔を作っている合間に、サラサラっと書いて下さいました。実は15インチの仔にも書いてもらいたい気もあったのですが、15インチはキャロルとマージョリーが作った訳じゃなかったので止めにしました。毎年来て下さると、書いて欲しい仔、そうじゃない仔、また書いて欲しい場所など贅沢な悩みも出てきています。(12/07)
事件です!
10日(金)、のんびり銀座フードチーを眺めてみたら、マズルと目の間に3ミリ程の小さな穴を発見しました。こんな事は初めての事でした。お迎えした日は全く無かったこの穴が何故か出来ており何をしても埋まらなかったので、名古屋の実演を作って頂くついでにご相談となり、二者択一を迫られました。『縫ってよしとするか』『頭自体を取り替える』まず縫った状態で見せて頂きましたが、それで良い事にしてしまうと、生涯その縫い目が気になりそうなのは容易に想像がついたので、頭とサヨナラする事にしました。替えの頭はもう最後の1コなので、選びようも何もあったものじゃありません。前のよりも少しマズルが高めの美人さん系です。7日間で愛着の沸いてきた穴の開いた仔とその場でサヨナラするのは寂しかったけど、新しい仔がちょっとすましてちょこんと座っています。私も彼女も慣れるまで少し時間が掛かりそうです。(12/12)
掲載されているTeddy Bearはすべて非売品です。
画像の無断転載・無断使用を禁止します。 
©Copyright Teddybearsforest 1997-2020. All Rights Reserved.