PAGE 18 更新日2005年06月22日


メオト
小さい頃からのディズニーフリークなので、ミッキー君の横にミニーちゃんを並べてみたら嬉しそうなミッキーの表情に、毎年ウォルトディズニーワールド(WDW限定)を買い続けてきて良かったぁと思ってしまいました。プーさんから始まって、次はドナルド?と期待が膨らんでしまいます。やっぱり二人並んでちょこんと座っている光景は微笑ましいものです(^-^) でも、今回のミニーはAncestor of Cheeky(チーキーの先祖)じゃなくて、普通のチーキーで被り物だったら良かったのになぁと思います。ある意味、被り物を脱いだらスゴイです。(笑)(4/13)
縫い目
やっと待望だったジョンライトのミッキーをお迎えする事が出来ました。待った甲斐がありました。私は気が短いので、多分本当はそんなに待っていたわけではないと思いますが'(笑)数体の中から選ばせてくださいました。ここで決め手となったのは背中の縫い目でした。お顔選びならぬ背中の縫い目選びが始まりました。当初は「きっと縫い目がキレイな方が良いだろう」と思っていたのに、実際キレイな縫い目の仔と比べてみるとやっぱり少し波打ったような縫い目の方が私にとっては懐かしい感じがして『とても愛嬌があって可愛い縫い目(^-^)』と変に愛着を感じた(!?)ので、この仔に決めました。ミッキーのお顔はそれぞれ自分の許容範囲を超えないお顔立ちの仔だったので、あとは各所の縫い目と、お肌の調子(!?)を総合的に観て決めました。鼻としっぽはレザーで出来ていてとても可愛いです。本当に精巧で素敵な作品だとマジマジと見惚れているので、亮がヤキモチ焼いてます(爆)オマケにこんな素敵なクッションまで頂きました。こういう頂きものなら大歓迎です!(4/17)
どうして?
昨日、雨だったので、WDW限定のベアをクマ棚に入れるために作品をあっちに入れたり、こっちに入れ替えたりとやっていたら、このツーショットになっちゃいました。うさぎのシュンのこんな気持ちが聞こえてきそうでした。
『どうしてそんなに怖いお顔なの?』
『どうしてお羽があるの?』
『どうしておクツに入っているの?』
と怖がりながらも疑問符だらけな気がして可愛らしいので思わず撮ってみました。(4/21)
被り物が大事?!
二匹とも被り物を脱がせてみて撮ってみました・・・が、どっちもヘンですね(笑)どちらもミッキーになりきってるみたいですが、なりきれていません。左の8インチのミッキーももっと『アヤシイ』ショットを撮りたかったのですが、フツーのチーキーがミッキーのフリをしているだけの印象です。(4/25)
ネズミ増殖中!?
主人と友人のお陰でミニミッキーをお迎えする事が出来ました。ミニチュアは「made in Chaina」なので、購入にあたってはかなり悩んだのですが、主人が扁桃腺切除の手術入院前にいきなりお迎えしても良いよと許してくれた上に友人に頼んだら、「いいよー」と快諾してくれたので、お迎えする事ができました。ファンクラブの会員さんと私の友人が会えてお話出来たととても喜んでいました。良かった、良かった。何故か大阪に来てたんですね。Oliver Holmes社長が。それで『(ミニミッキーに)サインしてもらう?』との友人の問いに『うんうん、してもらって!』と頼んだところ、届いた仔の足の裏を見てみると…ちゃんと小さい足の裏にサインが入ってる!社長って器用じゃん…と感心しきりでした。『社長、ミニチュア作れるんじゃないか?…』思わず想像してしまいました(笑)ギャラリーのMICROのページのミニミッキーの画像をクリックすると、足の裏がご覧になれますので是非見てみてください。パスポートには私の名前入りでサインと共に、Best Wishes Oliver Holmesと日付と共に書かれていて、あー友達がいて良かったぁとほっこりした気持ちになりました。みんな有難う。(5/6)
アナタ、新入りだね!?
『新顔のわりにはデカイねぇ・・・?』と金井パンダ君。
『別に態度はデカくないっス、これからよろしく!』と浜口パンダ君。(本当はこの新入りさんは『小梅』と命名されているのですが、私が勝手に男の子だと決め付けているので、名前はまだないのです)
個展初日にお迎えを決めた時には変わったモヘアを使ってるなぁ…♪と関心していたのだけど、昨日我が家に来たこの仔を見て改めて「ああ!金井パンダ君と同じだ!」と発見しました。ちなみにこの仔は相談役にしないつもりです。私の相談役になってもらいます?!(笑)(6/22)
掲載されているTeddy Bearはすべて非売品です。
画像の無断転載・無断使用を禁止します。 
©Copyright Teddybearsforest 1997-2020. All Rights Reserved.