PAGE 26 更新日2007年09月23日
とりゃぁ~っ!
柔軟な体勢がとれるのが面白くって反らせて撮ってみました。浜口さん、こんな瞬間撮ってしまっても良いですよね?(^^;)ふにふになベアなので色んな姿にしてみて珍しく遊んでいます。わたしもこんな風に身体を反らしてみたいです。子供の頃は出来たんですがねぇ…f(^^;)(6/3)
でっかちー’ず
頭でっかちなという意味でこの題名にしました。自分と通ずるのか(??)この2頭身もないアンバランスさが面白くてお迎えしました。ダンナと最近、チーの面構えの好みが変わってきてるから驚きです(^^;)弱気になってくると結構可愛い仔を選んじゃうんじゃないか?って自分の弱気な時のお顔選びを思い出しました。あくまでも私の主観ですが。パンキー・ピュースはモヘアでもないのにと思いつつ、自分が好きなこのパンキーをお迎えすることで誰かの何かのお役に立てるのなら一石二鳥と思ってる自分がいました。チーキーでもパンキンでも見たことが無いデニム地を使用してるし、パンキーの目が真っ黒じゃなかったし、左のDearBear限定チーに近いサイズのパンキーとあって、ついつい面白いなぁと揃えてしまいました。(6/10)
アルフォン族
ベタですがメリーソート社のアルフオンゾだけを集めて撮りました。んでやっちゃいました、またサイズ違い買い。アルフォンゾ12インチのお顔を選ばせてもらいましたが、なかなか低い鼻ってのを分かってもらうことが毎度の事ながら難しく、それでも好みに近い顔の仔を出してくれたのでこの仔にしました。8インチのアルフォンゾに慣れてたせいか、12インチの存在感の大きさにびっくりです(笑)アルフォンゾパンキンに至ってはその小生意気な顔の雰囲気だけで決めてしまいました(爆)ダンナはアルフォン族に使われているモヘアの特色から多少の毛の流れがよくないところが気になったらしく、8インチのパンキンに関しては何度も私に「この仔でいいの?」と確認してましたが、私はこれでいい!とお会計~。今まで居た8インチよりも今回の12インチと8インチパンキンのほうが整ってるでしょうか…?それにしても12インチはデコが広いです~(笑)(6/10)
お久し振りです。
お久し振りにBear's Kitchenのちよりさんからじかにお迎え出来ました!4年ぶりとなってしまいましたが、なんだかあっという間に年が過ぎてく…と感じる自分が怖いです(笑)以前お迎えさせて頂いた仔と比べると、体が細身になったような気がします。さすがに4年も経つと、以前よりもっと作品が素敵になってるためか、大小様々な仔達が集合~!って感じで見ていてとても楽しかったです。私は大きめの仔が好きなので、ある仔を狙っておりましたがすぐ居なくなってしまいました(哀)それでも第2希望の仔をお迎え出来て、満足しましたv(^-^)ダンナは第1希望の猫をお迎えして早速たまちゃんと命名してます(爆)私のベアはジョーと名付けました。なんとな~くオダギリジョーっぽい(←と勘違い!?)のでジョーです。んー。やっぱりちよりさんの仔達は魅力的です~。(6/10)
優しい存在
今、部屋に飾っているのがこの仔達です。金井さんのベアは約46cmで、チー達との大きさの差がはっきり出てると思います。まるで母のように温かく、やんちゃ達を見ている雰囲気が出ていると思います。金井さんの作られるベア達は今でも優しいまなざしで私を癒してくれます。良い意味の目力があるのが金井さんベアの特徴だと思っています。ツキノワグマが大好きなのですが、茶色を配してある顔立ちとたたずまいに思わず釘付けになり、嬉しい気持ちでお迎えさせて頂きました。(6/15)
主張する仔・・・
和室にてずるり。パソコン部屋にノスタルジックチーを置いていました。ウチに来てからというものいつもはちゃんとお座りしてるこの仔なのですが、昨日の夜中突然、ずるっとすべり、何度直してもまともにお座りしてくれなくなりました。たぶん、昨日別のベアが来たからだと思います(笑)この仔は気持ちを素直にだしちゃうタイプの仔かもしれません(??)和室に移動して撮ってみてもやっぱりご機嫌ナナメです。ノスタルジー・・・何を想う?(9/23)